信州の花(紅葉)だより
新緑の茶臼山を彩る花々 長野でツツジなど見ごろ
2012/05/18 10:13
長野 ツツジ

 新緑の季節を迎え、長野市篠ノ井の市茶臼山恐竜公園や自然植物園で色とりどりの花が咲き競っている。

 25体の恐竜模型が楽しめる恐竜公園の入り口「恐竜口」付近では赤いヒノデツツジが満開。辺りは善光寺平が一望できる標高400メートル余の傾斜地で、市公園緑地課によると、1982(昭和57)年度、市が1万8300本余を植えた。一帯に植えられたツツジは計13種、約15万本に上るという。

 家族3人でヒノデツツジを見に来た主婦の酒井千鶴子さん(38)=長野市稲里町下氷鉋(しもひがの)=は「下から見ると一面真っ赤で鮮やか」と満喫した様子。花を見るのが好きという娘の悠花(はるか)ちゃん(2)も「きれい」と笑顔だった。

 恐竜公園をさらに上った場所にある自然植物園。スイカズラ科のオオデマリが遊歩道に張り出し、鈴なりの白い花がひさしのようになっている。約300メートルにわたる藤棚は七〜八分咲き。垂れ下がった紫色の花から甘い香りが漂い、蜂が寄ってきてにぎやかだ。

 同園最上部の「家族広場」には昨年、市民らが新たに花の球根や苗を植えた。今は、紫色をしたユリ科のカマシアの花が見頃。植える作業に加わった地元の主婦西沢けさ美さん(67)は「優しい色。すてきです」と楽しんでいた。

 同課などによると、種類にもよるがツツジは今月下旬ころ、オオデマリは6月上旬ころまで楽しめそうという。

写真説明:見頃を迎え、一面に赤く広がるヒノデツツジ=茶臼山恐竜公園



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより