信州の花(紅葉)だより
春告げるフクジュソウ 辰野でまつり始まる
2012/02/26 11:04
土手に咲いたフクジュソウを見る子どもたち

 上伊那郡辰野町の沢底(さわそこ)区で25日、「福寿草まつり」が2日間の日程で始まった。同区では土手や家の裏手、庭先など、あちこちにフクジュソウが自生。初日は冷たい雨が降り、つぼみが目立ったが、県内外から観光客らが訪れた。

 茅野市の会社員菊池繁樹さん(52)は、妻と傘を差して散策し「雨の中でも頑張って咲いている黄色い花を見ると、春の訪れを感じます」。群生地近くの入村(いりむら)ふれあいセンターでは、住民が手作りの凍り餅、漬物、みそなどを販売。開幕式は、地元の子どもたちの花がさ踊り、和太鼓グループの演奏などで盛り上がった。

 まつりは住民有志約50人でつくる実行委員会が主催し、10回目。委員長の古村登さん(67)は「まつりで区が一つになる。来年以降も続けていきたい」と話していた。見頃は来週で、3月中旬までは楽しめそうだという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより