信州の花(紅葉)だより
厳冬の信州に春の兆し 豊丘でフクジュソウ見ごろ
2012/02/17 10:19
南向きの斜面に広がるフクジュソウの花=16日、豊丘村神稲

 下伊那郡豊丘村神稲(くましろ)の森田弘さん(93)宅前の柿畑でフクジュソウがかれんな花を咲かせ、モノトーンの冬から春へと向かう一帯の風景に彩りを添えている。

 森田さんは、夏場には稲わらを敷き、地面の乾燥を防ぐなどして大切に花を育てている。今冬は冷え込みが厳しかったため、開花は例年より1週間ほど遅い1月末。その分、3月初旬まで長く花を楽しめるという。「十六夜(いざよい)は眠らで咲いて福寿草」。60年余り俳句を楽しんでいる森田さんは、ことしの花をこう詠んだ。

 長野地方気象台によると、17日は県北部で雪になる見通しで、同日午後6時までの予想降雪量は、中野飯山地域、長野地域山沿い、大北地域山沿いで30センチ、大北地域の平地10センチ。17日夜から18日朝にかけて寒気が強まり、降雪量が増える見込み。来週半ば以降は、低気圧が通過する影響で県内にも南から暖かい空気が入り、気温が上がりそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより