信州の花(紅葉)だより
コバイケイソウ、霧に包まれ幻想的 中ア・千畳敷
2011/08/04 10:42
霧に包まれ、花穂に小さな花を幾つも付けたコバイケイソウ=中央アルプス千畳敷

 標高約2600メートルの中央アルプス千畳敷で、ユリ科のコバイケイソウが咲き誇っている。「小梅恵草」とも書くように、白い小さな花をたくさん付け、観光客らの目を楽しませている。

 ホテル千畳敷によると、ことしは数年に1度のコバイケイソウの「当たり年」。昨年の10倍ほどの花を見ることができる。開花し始めた7月中旬は少雨のため花が黒ずんでいたが、このところの適度な雨で本来の白い花が次々と咲きだしているという。

 埼玉県久喜市から友人3人と訪れた山内久美子さん(65)は「快晴の下で見る花もいいけれど、霧に包まれて咲くコバイケイソウは幻想的」と写真に収めていた。

 一帯では、黄色のシナノキンバイ、赤紫のヨツバシオガマなど約30種類の花々が咲く。コバイケイソウは、あと2週間ほど楽しめるという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野「神代桜」
長野「神代桜」
松本「信州花フェスタ」
松本「信州花フェスタ」
阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
花だより