信州の花(紅葉)だより
高原の風に揺れるかれんなコマクサ 東御・湯の丸高原
2011/07/05 10:25
岩場でかれんな花を咲かせるコマクサ

 東御市湯の丸高原の池の平湿原にある岩場で、ピンク色の花を咲かせるコマクサが見頃を迎えた。高原の爽やかな風に揺れる花は、涼を求めて市内外から訪れた観光客を楽しませている。

 コマクサの群生地の一つは見晴岳(みはらしだけ)の南斜面の岩場にある。標高2千メートルほど。湯の丸・池の平自然保護指導員によると、例年より1週間ほど遅い6月中旬に咲き始め、今月中旬までが盛りという。池の平湿原の駐車場から徒歩で約30分と気軽に行ける場所にあるため、多くの観光客が散策している。付近ではアヤメも咲き始めた。

 友人と3人でコマクサを見に来たという埼玉県久喜市の主婦花岡宏子さん(70)は「岩場という悪条件の中で、小さくてかわいい花を咲かせる生命力がすごい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより