信州の花(紅葉)だより
沿道彩るピンクの花園 南箕輪のフクロナデシコ
2011/06/07 10:45
国道361号沿いで満開になったフクロナデシコ=南箕輪村南原

 南箕輪村南原の国道361号沿いの一角で、フクロナデシコが満開になっている。畑だった場所に持ち主が種をまき、鮮やかなピンクの花園に生まれ変わらせた。

 広さは約30アール。2年前まで酪農をしていた地元の伊藤照夫さん(74)、久子さん(69)夫婦が飼料用のトウモロコシを栽培していた。雑草に覆われてしまってはもったいないと、自宅庭で育てていたフクロナデシコの種を昨年9月にまき、草取りを続けてきた。

 花の外側のがくが袋のように膨らむことから名が付いた。「春先の低温で株の一部が枯れてしまったけれど、その分、1株ずつが大きく育ち、にぎやかになりました」と久子さん。道行く人から「花を分けてほしい」と声を掛けられることも多いという。6月いっぱいは楽しめそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより