信州の花(紅葉)だより
多様なバラ、咲き始め 中野「まつり」開会
2011/06/02 10:08
バラが咲き始めた一本木公園を歩くフィトン英国公使(左から2人目)ら

 中野市の一本木公園で1日、「なかのバラまつり」の開会式が開かれた。市が公園を拡張して整備してきたイングリッシュ・ガーデン(英国風庭園)が同日完成し、園内のバラは850種に。花はまだ咲き始めだが、さっそく家族連れなどが訪れ、散策を楽しんだり、バラの植木を買い求めたりしていた。見ごろは15日ごろという。

 英国風庭園の完成を記念して、開会式には駐日英国公使のデービッド・フィトンさんを招待。フィトンさんは「日本の人たちはバラを英国人以上に好んでくれてうれしい」とあいさつし、バラの記念植樹をした。

 園内の展示館では、英国の古城や自然をパネルで紹介する「イギリス展」を開催。1日は、庭園を設計した英国園芸研究家のケイ山田さん(茅野市)の講演会や庭園ガイドもあった。

 19日までの期間中、園内では土、日曜を中心に、地元グループらによる音楽演奏や、バラの講習会なども予定されている。入園料300円、中学生以下無料。

 「バラまつり」に合わせ中野市内では、路上にバラの花びらを使って絵を描いたりする「なかのローズタウン」(11、12両日)などさまざまな行事がある。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより