信州の花(紅葉)だより
クリンソウ、色とりどり 喬木の森林公園「祭り」始まる
2011/05/22 14:01
九十九谷森林公園でかれんな花を咲かせるクリンソウ

 クリンソウが群生する喬木村小川の九十九谷(くじゅうくたに)森林公園で21日、恒例の「くりん草祭り」が始まった。春先の低温傾向で昨年より10日遅れの今月10日から咲き始め、祭り開始日も1週間遅らせた。見ごろは今月下旬といい、来園者は咲き始めた黄、白、赤など色とりどりの花を楽しんでいた。

 クリンソウは同村の村花。村民有志40人余でつくる「くりん草愛好会」が1998年から見ごろに合わせて祭りを毎年開き、五平餅などを売って来園者を迎えている。訪れた人は木製の歩道を歩きながらクリンソウを眺めたり、写真を撮ったり。毎年訪れているという飯田市川路の米山拓郎さん(69)は「きれいな花を見せてもらった。管理してくれている人に感謝したい」と話した。

 クリンソウは約7千平方メートルに約5万株あり、同会員が水の管理や草刈りをしている。同会長の賜洋子さん(66)は「祭りは1年間の管理の苦労が報われる時間。多くの人に花を愛でてほしい」と話していた。

 祭りは6月5日まで。無料。問い合わせは同会事務局のたかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野「神代桜」
長野「神代桜」
松本「信州花フェスタ」
松本「信州花フェスタ」
阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
花だより