信州の花(紅葉)だより
紫色の甘い香り 諏訪・高島公園でフジ満開
2011/05/19 10:13
満開を迎えた高島公園の藤棚。日陰で親子連れが憩い、蜂が忙しそうに飛び回っていた

 諏訪市の高島公園で樹齢130年を超えるフジの花が満開になった。春先の低温などが影響して例年より4日ほど遅れたが、今月末ごろまで楽しめそうだ。

 フジの甘い香りが漂う公園内では、散歩に訪れた人たちが藤棚の下にあるベンチに腰掛け、淡い紫色をしたフジの花を見上げている。1876(明治9)年の開園に合わせて植えられたという同公園のフジは2株で、1978(昭和53)年に市の天然記念物に指定された。市公園緑地係によると、1本は老齢化で樹勢に衰えが目立ち、花の数も少なくなっているという。

 友人と一緒に散歩がてら訪れた近所の女性(82)は「とてもきれい」と目を細めつつ「だんだん木の勢いが衰え、花も小さくなっている気がする。来年も咲くか、少し心配です」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより