信州の花(紅葉)だより
シャクナゲ、たくさん咲いた 塩尻の常光寺で5年ぶり
2011/05/14 10:34
ことしは花の数が多くなっている常光寺のホンシャクナゲ=13日

 「シャクナゲ寺」として知られる塩尻市上西条の常光寺で、ホンシャクナゲが本格的に咲き始めた。ことしは花の数が多く、13日は雨上がりの青空の下、木漏れ日を浴びた花びらが色鮮やかに境内を彩った。

 ホンシャクナゲは本堂の裏山の約50アールに約2千株あり、花はピンクと白。咲き始めは例年より1週間ほど遅く、13日は三分~五分咲き程度になっている。裏山には約500メートルの歩道があり、訪れた人はゆっくりと散策を楽しんでいた。

 住職の上条仙昌(せんしょう)さん(71)は「花芽がつく時期の昨年夏に気温が高めで適度な雨が降ったおかげで、たくさん花が咲いた。こんなに咲くのは5年ぶり」と話している。

 来週いっぱいは楽しめるという。拝観料は大人400円。中学生以下無料。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより