信州の花(紅葉)だより
「まつり」県内外から観光客 阿智・智里西のハナモモ
2011/05/07 11:09
見頃を迎えたハナモモの下で写真撮影を楽しむ観光客

 阿智村智里西でハナモモの花が見頃を迎えている。恒例の「花桃まつり」(実行委員会主催)も開かれ、県内外の観光客や写真愛好家でにぎわっている。開花は例年より1週間ほど遅く、会場中心部の月川温泉郷一帯が満開となるのは8日ごろで、1週間ほどは続く見通し。実行委は、当初8日までとしていた軽食や土産の販売を延長する。

 温泉郷の敷地内や、谷間を流れる本谷川の土手などに植わる約4千本が桃や白、赤色の花を付けている。川沿いの並木道では6日、記念写真に納まる親子や、花をアップで撮影する姿が見られた。

 写真仲間3人と千葉県市原市から訪れた小暮勝利さん(73)は「きれい過ぎてびっくりした。こんなに素晴らしいとは思わなかった」とうれしそうに話していた。

 会場内の道路を一方通行にする交通規制は8日まで。同村昼神温泉郷と会場を結ぶシャトルバス(片道300円)の運行、村内産野菜や軽食の販売などは8日以降も続ける。

 実行委によると、一帯のハナモモは、地元の温泉旅館の代表、渋谷秀逸さん(75)が1991年に中央道恵那山トンネルの掘削土の上に植え始めた。2003年からは地元住民や村の協力で植樹してきた。植えた苗のほぼ全てが同村清内路産という。実行委副委員長の渋谷さんは「桃源郷のような景色を楽しんでもらいたい」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより