信州の花(紅葉)だより
ハナモモ並木、見ごろも長め 上田・武石4kmに2000本
2011/05/07 11:03
上田市武石余里で見頃を迎えているハナモモ=6日

 上田市武石余里(より)地区で、地元の住民グループが世話をしているハナモモが見頃を迎えた。沿道の約2千本が白や濃淡のピンクの花を咲かせ、6日は見物の親子連れなどでにぎわった。同グループによると、春に暖かい陽気が続かなかったため、例年より長く13日ごろまで楽しめそうだという。

 グループは「信州余里の一里花桃 花咲(はなさか)じいさんクラブ」。地域の名物に-と1989年に植樹を始め、現在は市道沿い約4キロに並木が続いている。ほぼ満開の花の下には他の地元住民も協力して植えたチューリップやスイセンなどが彩りを添え、道行く人の目を楽しませている。

 次女(4)と訪れた同市武石沖の公務員近藤敬子さん(42)は「地元にこんなにきれいな場所があってうれしい。今季中にまた家族で来たい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより