信州の花(紅葉)だより
長野のミズバショウ群生地 29日開園、5月上旬見頃に
2011/04/26 10:30

 ミズバショウの群生地として知られる長野市鬼無里の奥裾花自然園は29日午前10時から今季の安全祈願祭を開き、開園する。鬼無里観光振興会は、見頃を5月上旬からと見込んでいる。雪解けが進むにつれ、見られる範囲が広がる。

 約81万株とされるミズバショウは、樹齢300~400年のブナやトチの原生林に囲まれた湿原地帯に群生。遊歩道を散策しながら楽しめる。

 奥裾花社前での安全祈願祭に続き、奥裾花観光センター前で鏡割りや豚汁の振る舞い、獅子舞の披露を予定している。5月14日には、観光センター周辺で地元の鬼女紅葉太鼓保存会による演奏やクラシック野外コンサートなどの「水芭蕉まつり」を開く。

 振興会顧問の風間俊宣さん(73)は「自然園には県天然記念物のモリアオガエルの繁殖地などもある。おいしい空気を吸って心を癒やしてほしい」と話している。問い合わせは振興会(電話026・256・3188)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより