信州の花(紅葉)だより
カタクリ開花、例年より遅め 立科・津金寺
2011/04/15 10:33
津金寺の裏山に咲いた淡い紫のカタクリや白いアズマイチゲの花

 立科町山部の津金寺の裏山でカタクリが咲き始めた。気温の低い日が続いたため例年より若干遅めだが、風に揺れる淡い紫の花が訪れる人々に春を感じさせている。

 東側の斜面1ヘクタールに約2万株があり、点々と咲く。矢崎大祐住職(39)は「最近は一斉に咲くことより、それぞれの場所で順々に咲くことが多い。長く楽しめる」と話す。見頃は今月下旬ごろまで。

 裏山は県郷土環境保全地域に指定されており、アズマイチゲの真っ白な花なども咲いている。上田市の50代主婦はカメラを片手に「カタクリが咲いてくると、いよいよ春という感じですね」と話した。

 5月5日まで「かたくり野草まつり」を開き、野草の苗の販売なども行っている。16、17日にはお茶会があり、売り上げの一部を東日本大震災の義援金に充てる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより