信州の花(紅葉)だより
桜の季節楽しむイベント 飯田各所、開花まだ少なく
2011/04/04 10:27
大宮通りの桜並木で写生をする地元の子どもたち

 桜にちなんだイベントが3日、飯田市の中心市街地の各所で開かれ、地元住民に加え、東日本大震災に伴い市内で避難生活をしている福島県南相馬市の人たちも参加してにぎわった。各会場では手打ちそばや特産品の販売、桜の写生大会などが行われ、一部の桜がほころび始めた大宮通りの桜並木では、枝先がピンクに染まる様子を訪れた人たちが眺めていた。

 中央公園では、地元産のソバ「信州大そば」を使った手打ちそばが人気で、被災住民約20人にはかけそばなどが無料で振る舞われた。南相馬市原町区の松本一彦さん(66)は「こしが強くてのど越しもいい。最高だね」。

 公園の出入り口では、同市小高区の遠藤〓治さん(45)が、5月2~5日に飯田市内を中心に開かれるクラシック音楽の祭典「オーケストラと友に音楽祭2011」のチラシ配りを手伝うなど、飯田での暮らしに徐々になじんでいる様子だった。

 一部が歩行者天国になった大宮通りでは、ソメイヨシノの絵を地元の子どもたちが描いた。開花した桜はまだ少なく、今春、小学校に入学する松下愛理さん(6)は「これじゃ『つぼみまつり』だね」と話しながらも、満開の桜を想像しながら画用紙いっぱいに描いていた。

 中央公園で募った被災地への義援金は、3日までの2日間で計約33万円に上った。

(〓は、隆の生の上に一)



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより