信州の花(紅葉)だより
桜の季節、飯田で試食や演奏会 中心市街地で2・3日
2011/04/01 10:27
飯田市の中心市街地で2、3日に開かれる桜にちなんだイベントのチラシ

 飯田市の中心市街地で2~3日、桜にちなんだイベントが開かれる。3日は中心市街地のシンボルであるりんご並木や桜並木が歩行者天国となり、地元産のそばや郷土食を味わったり、春の街並みの散策を楽しんだりできる。

 市中央公園では両日、「南信州飯田『桜』そば食彩(しょくさい)まつり」(実行委主催)が開かれる。同市上久堅で昨秋収穫されたソバを使った手打ちそばを1杯500円で提供。桜の葉で香りを付けた「桜そば」は無料で試食できる。テント34店が並び五平餅などを販売する。

 東日本大震災で被災し、飯田市で避難生活を送る福島県南相馬市の住民を招き、そばを味わってもらう。そばを提供する「信州飯田そば達人の会」の会長でまつり実行委副委員長の仁科保さん(74)は「おいしいそばを食べて元気を取り戻してもらいたい」。

 3日は、桜並木一帯で「大宮通り桜まつり」(大宮通り桜保存会主催)、吾妻公園では「桜フェスティバル」(丘の上を考えるムトス東野主催)が開かれる。

 桜まつりは、親子で楽しめる写生大会、飯田高校や飯田風越高校(ともに飯田市)の生徒による吹奏楽演奏などがある。桜フェスには飯田市出身の女性歌手「Coba-U(コバユー)」が出演。地元の子どもたちのダンスチームも参加して盛り上げる。

 日本気象協会長野支店(長野市)によると、飯田市の桜の開花は4日(3月31日現在)と予想されている。開花が間に合わなくても各イベントは予定通り開催する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより