信州の花(紅葉)だより
寄り添う花々、春告げる 松本市四賀で「福寿草まつり」
2011/03/06 09:21
「福寿草まつり」の会場で、北アルプスを背景に鮮やかに咲くフクジュソウ=5日、松本市四賀地区の赤怒田福寿草群生地

 松本市四賀地区の赤怒田(あかぬた)福寿草群生地で5日、「福寿草まつり」が始まった。約1・5ヘクタールに自生する約50万株のフクジュソウは4割ほどが開花。寄り添うように咲く小さな黄色い花が、春の訪れを告げている。

 晴天に恵まれたこの日、来場者は日差しの中で遊歩道をゆっくりと散策。携帯電話のカメラで花を撮影していた相模原市の山中喜代美さん(65)は「孫たちにも見せたいので、娘にメールを送ります」。三脚を立てて真剣な表情でレンズを向ける人もいた。

 市や市四賀観光協会などの実行委によると、1月の低温の影響で咲き始めが例年より10日ほど遅いといい、満開になるのは10日ごろの見通し。まつりは21日までで、フクジュソウの鉢植えも販売している。

 5日の県内はほぼ全域で青空が広がった。長野地方気象台によると、6日も日中はおおむね晴れ、夕方から雲が広がる見通し。7日以降は寒気を伴う気圧の谷が通過する影響で気温が平年をやや下回る日が多く、北部では雨や雪が降りやすい日が続く見込み。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより