信州の花(紅葉)だより
桜開花時期「平年並み」 天竜峡は30日、気象協会発表
2011/03/03 10:22

 日本気象協会長野支店(長野市)は2日、今春の県内10カ所の桜(ソメイヨシノとコヒガンザクラ)と千曲市のアンズの開花予想を発表した。多くの地点で昨年より1~11日遅くなるが、平年並みの開花となる所が多いと予想している。

 予想によると、県内で最も早く開花するのは天竜峡(飯田市)の3月30日で、昨年より10日遅く、平年より2日早い。伊那市の高遠城址(じょうし)公園のコヒガンザクラは4月8日で昨年より3日遅く、平年より3日早い。県内で最も遅い大町市の大町山岳博物館は同20日で昨年より1日、平年より2日遅い。

 長野市城山公園周辺の桜は4月12日、千曲市森のアンズは4月7日で、2月下旬の発表と変わらない。

 同支店は「2月中旬から下旬にかけての暖かさで成長が早まっているため、開花は平年よりやや早い所もある」としている。

 長野市の城山公園周辺について、ほかの民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京)は4月9日、「ウェザーマップ」(同)は同14日と予想している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより