信州の花(紅葉)だより
南ア北部で紅葉盛り 例年より濃い赤い色
2010/10/28 10:02
紅葉の盛りを迎え、赤や黄に色づいた南アルプス

 伊那市郊外の南アルプス北部で紅葉が盛りを迎えた。市南ア林道管理室によると、標高1100~1700メートル付近で、カツラやウリハダカエデが赤や黄に色づいている。

 27日は同市高遠町の商店主ら21人が林道バスに乗り、標高1680メートルの歌宿(うたじゅく)で下車。約4キロを歩き、紅葉狩りを楽しんだ。矢沢章一さん(82)は葉が黄色くなったカツラの木を見て「とにかくきれい。涼しくて汗もかかず、快適」と話した。

 管理室によると、夏の日差しが強かったためか、南アの紅葉は例年より赤い色が濃い。今後10日ほどは見ごろが続きそうという。同市長谷戸台口と北沢峠を結ぶ市営南ア林道バスは11月7日まで運行する。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより