信州の花(紅葉)だより
ミニシクラメン4万5千株 飯島で販売開始
2010/10/13 10:23
ハウス内にずらりと並んだミニシクラメン

 飯島町七久保の道の駅「花の里いいじま」に隣接するハウスで、同町上の原の花卉(かき)農家、宮崎健治さん(62)が栽培するミニシクラメンの販売が始まった。夏の猛暑の影響で開花が例年より半月ほど遅くなったというが、赤や紫、白などの花を咲かせた約4万5千株がハウス内を彩っている。

 縁が白いピンクの花など混合種を含め7種類。うまく管理できれば来年2、3月ごろまで咲き続けるという。

 開花は遅れたものの、「色づきは良い。たくさんの人に観賞してほしい」と宮崎さん。今週末から主に関東方面の市場へ出荷も始めるという。同ハウスでは1鉢300円、4鉢千円で売っている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより