信州の花(紅葉)だより
真夏に盛りゴマの花 駒ケ根で進む「プロジェクト」
2010/08/06 10:27
真夏の日差しの下、盛りを迎えているゴマの花=駒ケ根市

 駒ケ根市内各地に点在するゴマ畑で、薄紫色をした花が盛りを迎えた。草丈は50センチから150センチほど。植え付け時期にもよるが、茎の上部に約3~4センチの花が数輪咲く。下の方には、実が入った緑色のさやがたくさん付いている。

 同市では黒ゴマを地域ブランドに育てようと、市営農センターと生産者、商工関係者らが協力する「ごまプロジェクト」が進む。2007年から本格的に始まり、栽培研究や製品開発、販路拡大などに力を注いでいる。

 今年は市内55の農家・団体が栽培。作付面積は約7ヘクタールと当初の目標を上回っている。5月下旬に植え付けたものは、9月半ばころに刈り取りが始まりそう。昨年の倍以上の5トンを超える収穫を見込む。

 生産者でつくる「ごま研究会」会長の伊藤孝男さん(67)は「この夏の暑さもゴマにとっては良いようです。花は数日で落ちてしまいますが、ランのような形で美しいですよ」。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより