信州の花(紅葉)だより
コマクサかれんな姿 東御・池の平湿原
2010/07/02 09:59
見ごろを迎えた池の平湿原のコマクサ=東御市の湯の丸高原

 東御市湯の丸高原の池の平湿原でコマクサが見ごろを迎え、淡いピンクの花々が訪れる人の目を楽しませている。

 湿原沿いの南斜面に自生する。例年より10日ほど開花が遅れ、6月中旬に咲き始めた。静岡市から登山仲間11人で訪れた大多和桂子さん(63)は「標高が低く、簡単に登って来られる場所なのに、こんなに群生しているのに驚いた。かれんできれい」。

 一帯は標高2千メートルほど。東御市の自然保護指導員、児玉悦男さん(77)によると、この時期はハクサンチドリやゴゼンタチバナなどの花も見られる。さわやかな風が吹き渡る中、梅雨の晴れ間を狙い多くの人が散策を楽しんでいた。

 コマクサは今月20日ごろまで見られる。湿原を彩る高山植物は、中旬から来月にかけて50種類ほどの花々が楽しめそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより