信州の花(紅葉)だより
ワスレナグサ水に揺れ 木曽・開田高原
2010/07/01 10:10
日の光を反射して輝く水面に、顔を出すかれんなワスレナグサ=木曽町開田高原西野

 木曽町開田高原西野藤沢地区の水芭蕉(ばしょう)園で、ワスレナグサが淡い青色のかれんな花を咲かせている。花は直径1センチ弱。近くのため池から流れる幅1メートルほどの小川の中に、約50メートルにわたり、競うように咲く。

 木曽町観光協会開田高原観光案内所によると、同園のワスレナグサは5年ほど前から自然に増え始めた。毎年6月初旬に咲き始め、7月に満開になり、9月下旬まで楽しめるという。

 同案内所の職員、向原充子さん(48)は「今年もきれいに咲いた。開田高原には、小さな小川にワスレナグサの咲いている場所が多いんです」。水芭蕉園のほかに、開田小学校近くの小川や国道361号沿いの水生植物園でも見ごろになっている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより