信州の花(紅葉)だより
紅梅「春はそこまで」 長野の畑で4分咲き
2010/03/03 10:17
春の日差しを浴び、鮮やかなピンク色に輝く紅梅=長野市若穂川田

 日ごとに暖かさが感じられるようになってきた長野市内。若穂川田にある畑で紅梅の花が開き始め、春の訪れを告げている。

 30年ほど前、持ち主の山岸喜一(よしかず)さん(64)が仕事先の埼玉県内から鉛筆ほどの小さな苗木1本を持ち帰り、約1000平方メートルの桃畑の一角に植えたのが始まり。今では遠目からも確認できるほどに大きく育った。本数も少しずつ増やしている。「手入れはほとんどせず自由に育て、欲しいという人には枝を分けたりした」と山岸さん。

 現在、日当たりの良い木が八分咲きになっているが、全体ではまだ4割ほどの開花。例年、見ごろを迎える3月中旬ころは大勢のアマチュアカメラマンが撮影に訪れる。畑の近くに住む田中富江さん(67)は「2月末の暖かさで一気に開き始めた。毎年きれいに咲くので楽しみだし、家の目印にも使わせてもらっています」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより