信州の花(紅葉)だより
闇に映える大イチョウ樹齢600年 阿南でライトアップ
2009/10/24 10:10
ライトアップが始まり暗闇に映える阿南町新野の大イチョウ

 下伊那郡阿南町新野にある樹齢約600年とされる町文化財のイチョウのライトアップが23日夜、始まった。飯田下伊那地方を8日に直撃した台風18号の影響で、葉が一部落ちるなどしたというが、暗闇の中に黄金色に輝いて浮かび上がった。

 イチョウは高さ約25メートル、幹回り約8メートル。室町時代末ごろに一帯を治めた関氏が建てたとされる瑞光庵跡にある。大きな名木を夜も楽しんでもらおうと、町教育委員長の田島英征さん(68)と地主の村松輝俊さん(71)一家が7年前にライトアップを始めた。

 初日の光景を目にした田島さんは「台風の通過などに負けず、立派に色づいている。イチョウの生命力の強さを感じる」と話していた。葉が落ちる10月末ごろまで毎日午後6~8時に照らす予定だ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 キンモクセイ
長野 キンモクセイ
松川町 ヒガンバナ
松川町 ヒガンバナ
佐久 コスモス
佐久 コスモス
松本 キツリフネ
松本 キツリフネ
信濃町 コスモス
信濃町 コスモス
花だより