信州の花(紅葉)だより
ヒマワリ40万株見ごろ 松本市新村で農協青年部支部が栽培
2009/09/21 14:55
満開のヒマワリ畑で遊ぶ子どもたち

 松本市新村で、松本ハイランド農協青年部新村支部が植えた約40万株のヒマワリが見ごろを迎えている。20日は地域の農業をPRしようと、地元の松本大学と共同で農産物の直売会や写生会などを開いた。家族連れなどが訪れ、澄み切った青空と北アルプスを背景に、鮮やかな黄色に咲きそろった花を楽しんだ。

 約2ヘクタールの畑を地元の農家数軒から無償で借り受けた。ヒマワリは搾油用の品種で、小麦を刈り取った後、7月中旬に種をまいた。

 畑を訪れた子どもたちは、絵を描いたり、虫やカエルを捕まえたりして遊んだ。松本市梓川梓の藤本日和ちゃん(5)は「お花大好き」と満足そうだった。

 11月に種を収穫。種1キロ当たり0・2リットルの油が取れるといい、販売を計画。子どもたちが描いた絵は松本電鉄上高地線の車内に飾る。支部長の青木秀行さん(39)は「来年以降も育てて、もっと大勢の人に見に来てもらいたい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより