信州の花(紅葉)だより
「赤そばの里」一面ピンク 箕輪で19日里開き
2009/09/18 10:10
ピンクの花が一面に広がる「赤そばの里」

 箕輪町上古田の「赤そばの里」の花が見ごろを迎えた。4・2ヘクタールの斜面はピンクの花で彩られ、19日に今季の里開きをする。花は10月中旬ごろまで楽しめそうだ。

 見ごろに合わせ、地元住民でつくる実行委員会は26、27日、上古田公民館で「赤そば花まつり」を開く。「古田の里赤そばの会」の会員が盛りそばを500円で提供、そば打ち体験もある。このほか、リンゴやナシ、トウモロコシなどの地元農産物、手芸・工芸品を販売する。

 赤そばの里では17日、訪れた人たちが風景をカメラに収めていた。初めて撮影に訪れた伊那市長谷の山岳写真家津野祐次さん(63)は「青空の下、一面のピンクの花は見事ですね」。実行委員長の大槻長(おさし)・上古田区長(61)は「朝晩冷え込んでいるせいか、花の色づきは良い。多くの人に楽しんでほしい」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより