信州の花(紅葉)だより
住民が作る花の道 喬木でマリーゴールド1キロ
2009/08/22 10:36
喬木村の県道沿いで見ごろのマリーゴールド

 喬木村小川の県道上飯田線(通称フラワーロード)で、道の両側に約1キロにわたって植えられたマリーゴールドが見ごろを迎えている。村の花いっぱい運動の一環で、たかぎ農村交流研修センターが6月半ばに苗を配布。地域住民が植え付けて草取りなどの世話を続けており、見事な黄色い帯が続いている。

 村などによると、「パーフェクション・イエロー」という直径7~8センチの大きな花を付ける種類。丈も70センチほどに育っている。1株当たり約70~80個の花が咲き、遠目にも華やかに映る。車を止めて写真撮影を楽しむ県外からの観光客もいる。

 今年は7月の多雨で水やりの心配がなく栽培でき、花の大きさがそろっているという。近くに住む原嘉博さん(67)は「地域のみんなが協力して、今年も立派に花が咲いた。のどかな風景を楽しんでください」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯田「善心光梅」
飯田「善心光梅」
天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
花だより