信州の花(紅葉)だより
キスゲからハクサンフウロへ 高峰高原で高山植物共演
2009/07/31 10:20
黄色いニッコウキスゲと後から顔を出してきた薄紫色のハクサンフウロ=30日、高峰高原

 小諸市と群馬県嬬恋村にまたがる高峰高原で、高山植物が見ごろを迎えている。同高原ビジターセンター近くの群生地では、見ごろが終盤の黄色いニッコウキスゲと後を引き受けるように顔を出した薄紫色のハクサンフウロが共演し、訪れた登山客らを楽しませている。

 NPO法人浅間山麓(ろく)国際自然学校が29日に行った調査によると、同高原で花を咲かせている植物は約60種類。30日に訪れた埼玉県鶴ケ島市の主婦、原淑江さん(68)は「毎年来ているが、昨年よりも花が多いと思う。ニッコウキスゲやノハナショウブがきれい」と話していた。

 今年は梅雨明け後に晴れの日が少なく、ヤナギランの咲き具合はいまひとつ。山岸喜昭・同学校長(57)は「高原の名物なので、今後に期待したい」。

 ハクサンフウロの見ごろは8月上旬まで。問い合わせは同高原ビジターセンター(電話0267・23・3124)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより