信州の花(紅葉)だより
風に揺れるヤマホタルブクロ 大鹿・中川村境の県道
2009/06/13 10:26
県道沿いで釣り鐘状の花を付けるヤマホタルブクロ

 大鹿村、中川村境を中心にした県道松川インター大鹿線沿いで、ヤマホタルブクロの釣り鐘状の花が咲きだした。約5、6センチの赤紫色の花が茎から幾つもぶら下がり、初夏の山里に彩りを添えている。

 キキョウ科の多年草で、名前の由来は、花の中にホタルを入れて遊んだとか、形がちょうちんに似ているからなど諸説ある。駒ケ根市立博物館学芸員の林芳人さん(82)によると「県内では中央アルプスのような高地でも見かける。関西ではほとんど花が白く、東西で違いがある」という。

 80センチほどに伸びた茎は、のり面の落石防止ネットから県道側にはみ出ている。車が通り過ぎるたびに風で花を揺らし、まるで鐘や鈴を振って鳴らしているように見える。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野「神代桜」
長野「神代桜」
松本「信州花フェスタ」
松本「信州花フェスタ」
阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
花だより