信州の花(紅葉)だより
リュウキンカと白いコブシ競演 信濃町・御鹿湿原
2009/04/28 09:48
見ごろを迎えつつある御鹿湿原のリュウキンカとコブシ=27日

 信濃町黒姫高原の黒姫童話館西側の国有林内に広がる御鹿(おじか)湿原で、リュウキンカとコブシの花が見ごろを迎えている。コブシは間もなく散ってしまうが、リュウキンカは大型連休明けまで楽しめそう。27日も観光客がリュウキンカの黄色とコブシの白の競演を楽しんだ。

 リュウキンカは減少傾向にあるが、住民や同館が2006年から、増やす活動に取り組んでいる。昨年6月に約3000平方メートルに広がる湿原の下流域から株分けし、上流部に移植したリュウキンカも無事に黄色く色づいた。

 今春は昨季に比べ開花が早め。関東地方からツアーで訪れた観光客は、写真を撮りながらゆっくり散策していた。ツアーガイドの久志博信さん(66)=千葉県富里市=は「リュウキンカがこんなに群生していて驚いた。静かで良い場所ですね」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野「神代桜」
長野「神代桜」
松本「信州花フェスタ」
松本「信州花フェスタ」
阿智 ハナモモ
阿智 ハナモモ
岡谷 船魂社
岡谷 船魂社
飯綱町 桃
飯綱町 桃
花だより