信州の花(紅葉)だより
温泉郷彩るハナモモ 阿智で22日から「祭り」
2009/04/21 10:05

 阿智村の昼神温泉郷や園原の里で、ハナモモが見ごろを迎えている。22日から恒例の「はなもも祭り」が始まる中央道・園原インター近くの月川温泉郷一帯では、赤や白、ピンクの花を見ようと、20日も多くの観光客でにぎわった。

 同温泉郷では住民らが1991年からハナモモを植え始め、剪定(せんてい)や草刈りなど約9ヘクタールに広がる約3500本の手入れを続けている。昨年より1週間ほど早く開花し、祭り会場の中心部はほぼ満開という。祭りの副実行委員長の渋谷秀逸さん(73)は「花のきれいさだけでなく、住民が一生懸命育てていることも感じてほしい」。

 会場の駐車料金は、ハナモモ育成協力費として1台500円。祭りに合わせ5月5日まで、昼神温泉郷と月川温泉郷を結ぶシャトルバスも1日7往復(片道300円)運行する。29日までの午後7時半-9時半は、ライトアップも楽しめる。問い合わせは昼神温泉ガイドセンター(電話0265・43・3001)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより