信州の花(紅葉)だより
カタクリ「かわいらしい」 立科・津金寺で咲き始め
2009/04/10 11:07
津金寺で咲き始めたカタクリ

 立科町山部の津金寺の裏山で、今年もカタクリが咲き始めた。約2万株が木立の間に自生し「佐久地域の花名所マップ&ガイド」にも選ばれている。今週末から見ごろを迎えそうだ。

 同寺の矢崎大祐住職(37)によると、同寺では自生していたカタクリを増やそうと、40年ほど前から木を伐採するなど手入れを始め、年々、広がっていったという。9日は5分咲きで薄紫色の小ぶりな花があちこちにほころび、上田市の清水健男さん(57)は「初めて見たカタクリはとてもかわいらしかった。また来たい」と話した。

 同寺にはさまざまな野草が自生し、5月上旬には県のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に分類されているヤマブキソウが見ごろを迎える。開花情報は同寺テレホンサービス(電話0267・56・2041)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより