信州の花(紅葉)だより
幻想的…夜明け前の姿 阿智・清内路の「黒船桜」
2009/04/01 10:59
夜明け間近の阿智村清内路の「黒船桜」。太陽を中心として虹のような輪が現れた

 新「阿智村」が発足した31日、旧清内路村下清内路にある「黒船桜」から望む夜明け前の東の空には、太陽を中心に虹のような輪が現れた。

 黒船桜は、ペリー来航の1853(嘉永6)年に植えられたとされる。樹形の美しさや花の色合いだけでなく、名前の優雅さも人気の理由の一つだ。開花はこれから。村清内路支所による、花の見ごろは20日すぎという。

 「ここに来て枝が赤みを帯びてきたから、これからは早いね」。近くの桜井治文さん(68)は毎日の畑仕事に向かう途中で黒船桜の脇を通る。「阿智村になっても黒船桜の素晴らしさは変わらないよ」と、太い幹を見上げた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより