信州の花(紅葉)だより
春告げるザゼンソウ 伊那の群生地で例年より早く
2009/03/03 10:19

 伊那市新山の群生地で、早くも赤褐色のザゼンソウが姿を見せている。2日も日当たりのよい湿地で、いくつもの株が春の訪れを告げていた。

 ザゼンソウやミズバショウの群生地は、西向き斜面の沢筋にある。地元住民でつくる「新山山野草等保護育成会」が遊歩道を設けるなどして環境を整えている。同会の筒井弘事務局長(70)によると、今年は2月半ばごろには芽が出ているのを見たといい「例年なら今ごろから姿を見せ始めるのに比べると、2週間ほど早いね」。

 同会は市の地域づくり活動支援金を受け、昨年、遊歩道入り口の階段や橋を整備した。筒井さんは「皆で楽しんでほしい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより