信州の花(紅葉)だより
フクジュソウ立春前に開花 松本・四賀地区、3月祭り
2009/02/04 10:34
松本市四賀地区の群生地で咲き始めたフクジュソウ

 立春を前に、松本市四賀地区赤怒田(あかぬた)の斜面に群生しているフクジュソウが、例年より早く黄色い花を咲かせ始めている。市四賀支所によると、開花のペースは昨年より2週間以上早いといい、「今年は雪が少なく気温が高いため、開花が早まったのではないか」としている。見ごろは3月10日から20日とみている。

 長野地方気象台によると、松本市の1月の平均気温は0・3度で昨年同月より1・1度高く、月降雪量は19センチで同10センチ少なかった。

 群生地近くに住み、毎朝花の咲き具合を見ているという主婦の常田いつ江さん(74)は「優しい印象のフクジュソウの花が好き。見ごろになると本当にきれい」と楽しみにしていた。

 同市や地元の赤怒田町会などでつくる実行委員会は、3月7日から28日まで「福寿草まつり」を開く予定だ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
花だより