信州の花(紅葉)だより
春招くフクジュソウ 青木で「今までになく早く」
2009/02/04 10:32
点々と雪が残る中、暖かな日差しに黄色い花を輝かせるフクジュソウ=青木村当郷

 青木村当郷の農業、岩下茂迪(しげみち)さん(80)方で、フクジュソウが咲き始めた。暖かな日差しを浴びて、まぶしく輝く小さな花が早くも春の到来を告げている。

 20年ほど前から家の裏庭にある斜面に植え、株分けや新たに種まきなどを繰り返してきた。赤みの強い花や黄と緑の混色の花、花びらの先がギザギザの種類など、フクジュソウだけで「約30種、7-800株ほど」(岩下さん)が植えてある。

 今冬は昨年12月中旬に最初の花が開いた。「今までこんなに早かったことはない」と岩下さん。例年通り日当たりの良い場所から咲き始めたが、「いつもなら3月初めまで楽しめる。今年はそれまで持たないのでは」と心配する。

 ほかにも数百種類の山野草を育てているが、「一番に咲くフクジュソウの黄色い花を見ると、春が来たなと実感します」。これから、ミズバショウやザゼンソウなども順次見ごろを迎え、手入れに忙しくなる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより