信州の花(紅葉)だより
冬の土手に春の訪れ? 飯山でオオイヌノフグリ咲く
2009/02/03 10:12
雪が解けて地面が露出した土手に咲くオオイヌノフグリ=飯山市寿

 この時期は深い雪に覆われる飯山市。ところが、2日朝の積雪は28センチ(長野地方気象台)。平年に比べて27%しかない。春を思わせる日差しで雪が解けた同市寿の田んぼの土手にはオオイヌノフグリの花が咲いていた。

 4日は二十四節気の立春。冬ごもりしていた虫たちが出てくるころとされる啓蟄(けいちつ)は1カ月余り先だが、オオイヌノフグリの群落をよく見ると、何匹ものクモが花の間を歩き回っている。

 群落があるのは、今月14、15日に「かまくら祭り」を開く会場のすぐそば。近くで民宿を営む鈴木誠一さん(57)によると、一帯は例年なら150センチぐらいの積雪になるという。今年は40センチほどしかなく、「3月下旬から4月上旬みたいな景色だね」。

 同祭りの実行委事務局長を務める鈴木さん。1月中旬から作り始めたかまくらの維持に気をもんでいる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより