信州の花(紅葉)だより
ひときわ輝く「逆さイチョウ」 大鹿村の天然記念物
2008/11/15 10:23
きれいに色づいた大鹿村の「逆さイチョウ」

 下伊那郡大鹿村鹿塩の入沢井地区にある村指定天然記念物「逆さイチョウ」が、鮮やかな黄金色に葉を染めて見ごろを迎えている。山あいの紅葉に囲まれた高さ12メートルほどの大木は、晩秋の日差しにひときわ輝いている。

 逆さイチョウは、一部の枝が垂れ下がっていることからこう呼ばれるようになったといい、推定樹齢は約900年。一帯は標高1200メートルほどの山間地で朝晩の冷え込みが進んでいるが、14日は晴れわたった好天に恵まれ、逆さイチョウは青空にも映えていた。

 近くに住む東みきさん(72)はこの日、斜面の畑に出て、干しておいた大豆を脱穀。棒を振り下ろし「パンッパンッ」と音を響かせてたたく力作業だが、合間に逆さイチョウと山並みに目を向けては「景色を見ながらの作業は、とっても楽しいですよ」。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
高峰高原 ニッコウキスゲ
高峰高原 ニッコウキスゲ
千畳敷 コバイケイソウ
千畳敷 コバイケイソウ
花だより