信州の花(紅葉)だより
ツリフネソウ風に揺れ 松川町生田で群生
2008/09/09 10:18
松川町生田に群生するツリフネソウ。花はユーモラスな形だ

 松川町生田の町道沿い。木漏れ日の差す湿地に、赤紫色の花を風に揺らして、ツリフネソウが群生している。

 ぶら下がって咲く花が帆掛け舟をつり下げたような形だとか、壁掛け用の花器に似ているとか、名称の由来には諸説あるという。花の基部にある袋状の突起「距(きょ)」の先端は、渦巻き状になっている。

 「美しい花ですが、毒を持っています」と、植物に詳しい駒ケ根市立博物館学芸員の林芳人さん(81)。草丈は30-80センチほどになる。「ドクダミと同じ環境の場所に生えている。花のない時期に薬草採集する際は混入させないように気を付けて」と呼び掛ける。

 下から見上げると、北の海から流氷とともに日本に来る巻き貝の一種、クリオネも連想させる。ユーモラスな形で、晩夏から秋に向かっている季節の変わり目を伝える。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
須坂 バイカモ
須坂 バイカモ
花だより