信州の花(紅葉)だより
一面に見事なヒマワリ 佐久の畑、ミツバチ用に
2008/09/05 10:00
見ごろを迎えたヒマワリに笑顔の小林さん

 佐久市瀬戸の市道沿いにある畑一面に大振りのヒマワリが咲いている。佐久養蜂(ようほう)組合員の小林徳三郎さん(61)=佐久市中込=が、越冬を控えたミツバチのえさ用に初めて栽培。一部に通路を作り、自由に散策することができるようにした。

 ヒマワリ畑は小林さん所有地と借地合わせ、点在する8枚の畑計約150アール。昨年まで小林さんが菜の花を育て、5月中旬にミツを採取していたが、今年から花粉がえさになるヒマワリに替えた。7月、3回に分け種をまき、見ごろに咲きそろった。

 秋には種を採取し、ヒマワリ油を作ろうと考えている。小林さんは「こんなに見事に咲いたので、地域の人にもぜひ見に来てほしい」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより