信州の花(紅葉)だより
スズラン香る入笠湿原 富士見の群生地で最盛期
2008/06/21 10:36
幅広の葉の下にかわいらしい花を付けたスズラン

 富士見町郊外にある入笠湿原脇の斜面約2000平方メートルに群生するスズランの花が最盛期を迎え、小さな白い花がさわやかな香りを漂わせている。20日も観光客や登山者が訪れ、「いいにおいね」と声を上げていた。

 群生地は入笠山の山頂近くにある。近くで山小屋「山彦荘」を営む伊藤高明さん(64)によると、群生地は数十年前まではスキー場だった。スキー場の整備で毎年草を刈っているうちにほかの植物が淘汰(とうた)され、スズランが一面を覆うようになったという。

 幅広の葉の下、釣り鐘形の花が控えめに咲く姿に、遊歩道を家族と歩いていた会社員星野真実さん(22)=神奈川県大和市=は「かわいらしい花。においもやさしくて好きです」と笑顔だった。

 今月末ごろまで楽しめる。伊藤さんによると、周辺では7月からはアヤメが見ごろになる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

茶臼山高原 カワチブシ
茶臼山高原 カワチブシ
車山高原 マツムシソウ
車山高原 マツムシソウ
長野 サルスベリ
長野 サルスベリ
飯山 ヒマワリ
飯山 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
平谷 ヒマワリ
花だより