信州の花(紅葉)だより
水滴まとうスイレン 富士見・井戸尻史跡公園
2008/06/04 10:30
雨滴の波紋が広がる水面に鮮やかに咲くスイレン=富士見町境の井戸尻史跡公園

 富士見町境の井戸尻史跡公園の池にスイレンの花が咲きだし、雨の波紋の中で鮮やかな輝きを放っている。

 井戸尻遺跡の周囲には、花々を植えた約6400平方メートルの「植栽田」があり、その中に20ほどの池が点在する。ピンクや白、黄色のスイレンが咲き、水面の葉が雨を受けてたくさんの水玉を作る。

 「花を楽しむなら、色が薄く見える晴れの日より、梅雨空の方がいい。早朝もお薦めですね」と、園内にある井戸尻考古館の樋口誠司学芸員(50)。

 山梨県北杜市から訪れた平出雄三さん(57)は「水滴をまとった花はとても美しいですね」と満足そうに園内を散策。

 スイレンは今月中旬から8月にかけて見ごろ。池では7月からハスも咲き始める。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
花だより