信州の花(紅葉)だより
ジャーマンアイリス癒やしの場 佐久の夫妻が栽培
2008/06/04 10:22

 佐久市内山の小林信夫さん(75)百江さん(74)夫妻が畑や減反田で育てているジャーマンアイリスが新緑の季節に映え、地元で話題になっている。高齢者世帯が多い山際の小集落で、紫や黄など色彩豊かな空間は癒やしの場でもある。

 地元の人に喜ばれているのは国道254号から苦(にが)水(みず)地区の集落に入る市道沿いで、公民館近くの畑。5年ほど前、他の栽培地から株を移し、約10アールに色や花びらの形の種類別に帯状に植えて増やした。5、6月はほぼ毎日、交代で草取りを欠かさない。希望者には株分けをしている。

 栽培するのは、自宅裏と山中の所有地を合わせて約30アール。信夫さんが会社勤めをしていた30年ほど前に、百江さんの妹から5株をもらったのがきっかけで育て始めた。上品に咲くのが楽しみで、年に数株ずつ別の種類を買い足して広げてきた。

 信夫さんは「気負わず楽しみでやってきたので長続きしている」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより