信州の花(紅葉)だより
バラ800株、色も香りも豪華 安曇野・豊科近代美術館
2008/05/30 09:59
豊科近代美術館で見ごろを迎えたバラ

 豊科近代美術館(安曇野市)で、色とりどりのバラが見ごろを迎えている。修道院風の建物の周囲や庭園を彩るのは約800株。同美術館は31日から6月8日まで「バラまつり」を開く。

 「シーザー」「ゴールドバニー」など約500種類が、白、黄、赤などの花を付けている。美術館の魅力を高めようと、10年以上前に植栽。世話をしている同美術館友の会の「バラ研究会」によると、今年は冬の寒さが厳しかったが開花は順調という。

 地元住民らが次々と訪れ、写真を撮ったり、香りを楽しもうと鼻を近づけたりして観賞。安曇野市穂高のパート従業員木村かよ子さん(49)は「バラはゴージャスで香りもいい。品種の名前もすてきで楽しめる」と話していた。バラまつりは8回目。31日と6月1日は午前9時から苗と鉢植えの販売、8日は午後1時から造園家による無料の手入れ講習会がある。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
花だより