信州の花(紅葉)だより
サクラソウの繁殖状況調査 軽井沢の自生地で住民団体
2008/05/23 09:43

 軽井沢町で希少植物の保全などに取り組む住民団体「軽井沢サクラソウ会議」のメンバー6人が22日、同町長倉のサクラソウ自生地で、初めて繁殖状況を調査した。現在の面積や生育を把握し、環境変化や盗掘の有無を確認する狙いで、今後も継続的に調査する。

 自生地は田んぼの土手にあり、土地所有者の男性が50年以上整備してきた。現在は、同会議が草刈りなどの手入れを引き継いでいる。

 メンバーはこの日、繁殖地の面積を測定したり群落の風景を写真に収めたりした。めしべが長い「長花柱花(かちゅうか)」と、めしべが短い「短花柱花」の割合も調べ、遺伝的に異なる種の交配が進むかどうかも確認した。

 サクラソウは「町花」で、メンバーによると、軽井沢は標高が高く湿気も多いため、北海道日高地方や熊本県阿蘇高原と並ぶ自生地だが、近年の開発事業で面積は狭まっている。メンバーの今城治子さんは「昔はどこの田んぼの土手にもサクラソウが咲いていたと聞いている。原風景と言える環境を大切にしたい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

白馬 ミズバショウ
白馬 ミズバショウ
駒ケ根 光前寺
駒ケ根 光前寺
「信州花フェスタ」
「信州花フェスタ」
駒ケ根 ハナモモ
駒ケ根 ハナモモ
上田 独鈷山麓
上田 独鈷山麓
花だより