信州の花(紅葉)だより
「カバンの藤」香り甘く 上田・信濃国分寺史跡公園
2008/05/15 14:42
ほぼ満開の「カバンの藤」

 上田市の信濃国分寺史跡公園で「カバンの藤」の名称で親しまれているフジ棚の花がほぼ満開となった。3本の木から伸びた枝に付いた淡い紫色の花房が風に揺れ、甘い香りも漂う。

 カバンの藤は、1880(明治13)年、八十二銀行の前身の一つである第十九銀行(上田市)の役員が、故郷の南佐久郡の農家からもらった苗を、カバンに入れて銀行まで運んできたことに由来する。

 娘2人とやって来た山本千代さん(85)は、公園に移植される前のフジを銀行で見た覚えがあると言い、「小さかった木がこんなに大きくなってきれいに咲いて。素晴らしいね」と話していた。

 市教委によると、樹齢120年以上で、樹木医の治療を受けているが、花は全体的に咲きそろっている。今週中は楽しめそうという。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより