信州の花(紅葉)だより
イカリソウ1万株超 佐久のカラマツ林を整備し栽培
2008/05/14 10:02
木漏れ日の中で咲きそろうイカリソウ=佐久市協和

 佐久市協和にある安部博育(ひろやす)さん(63)のイカリソウ栽培園が見ごろを迎えている。下草が茂り、ごみが捨てられていたカラマツ林の手入れを進めながら広げてきた。木漏れ日の林を薄紫色に彩る花は1万株を超えるまでになった。

 イカリソウはメギ科の多年草。細長い花弁がいかりのように四方に突き出している。里山の北斜面3000平方メートル余に広がる園では一面に高さ40-50センチの株が並び、下向きに開いた花がそよ風に揺れている。

 かつて一帯はやぶになり、横切る道路沿いにごみが投げ捨てられることもあった。下草刈りなどを進める中で、二十数年前に知人からもらったイカリソウの花の形に引かれ、工務店の仕事の傍ら、購入した株を植えたり株分けしたりして数を増やしてきた。トイレやあずまやも建て、昨春から市民にも無料で公開している。

 今月中旬までが見ごろといい、安部さんは「『きれいだね』って、訪れた人が癒やしを感じてもらえるとうれしい」と話している。

 開園は午前10時-午後6時。不定休。問い合わせは安部さん(電話090・4159・8312)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
天龍 竜峡小梅
天龍 竜峡小梅
花だより