信州の花(紅葉)だより
寺を彩るボタン60種 長野・清水寺
2008/05/13 10:26
大輪の花を咲かせる清水寺のボタン=長野市若穂保科

 長野市若穂保科の清水寺(せいすいじ)でボタンが見ごろを迎えている。境内や駐車場に植えられた約60種、450株の花々が訪れる人の目を楽しませている。

 花の世話をしているのは地元住民でつくる保科牡丹(ぼたん)園復活推進委員会。会長の竹内貞利さん(77)によると、戦前は「見渡す限りボタンだった」というが、戦時中に麦やジャガイモの畑に変わってから、ボタンはほとんどなくなっていた。住民の間にボタン園の復活を望む声が多く、1992年に同委員会が発足して、株を植え始めた。

 11日の「ぼたんまつり」に同市三輪から一家4人で訪れた下平孝江さん(60)は「いろんなボタンが見られて良かった。5年ほど前から来ていますが、株がしっかりしてきたように思います」。花は今週末まで楽しめそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

喬木 ハナモモ
喬木 ハナモモ
長野 光林寺
長野 光林寺
茅野 宮川堤防
茅野 宮川堤防
御代田さくらMAP
御代田さくらMAP
松本 弘法山古墳
松本 弘法山古墳
花だより