信州の花(紅葉)だより
鮮やかさ増すリュウキンカ 斑尾高原で見ごろ
2008/05/10 10:48
鮮やかさを増すリュウキンカとミズバショウ

 長野・新潟両県にまたがる斑尾高原の「沼の原湿原」(新潟県妙高市)で、リュウキンカが見ごろを迎えている。訪れた人は、黄色や緑が織りなす遊歩道沿いの光景にカメラを向けるなど、思い思いに北信濃の遅い春を感じ取っている。

 リュウキンカはキンポウゲ科の多年草。高山帯の湿地に生える。約19ヘクタールの湿原は標高約880メートルにあり、所々に雪が残る。ミズバショウも群生しており、湿原を管理する斑尾高原観光協会(飯山市)は「ともに今月半ばまで楽しめる」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

天龍 カンザクラ
天龍 カンザクラ
南木曽 オオイヌノフグリ
南木曽 オオイヌノフグリ
富士見 寒紅梅
富士見 寒紅梅
飯田 ロウバイ
飯田 ロウバイ
松本 梅
松本 梅
花だより